topimage

2017-08

36話 - 2016.12.10 Sat

36話 
家族でおでかけ回でした*


高校生の年頃の男の子が家族で一緒にお買い物する光景ってとてもいいなと思ってます。
家族が良好な関係を築けている証の一つでもあるかなと。
兄弟は家事も仕事もこなし、いつまでも仲の良い両親が大好きで憧れの存在です。

お母さんのえりかさんは仕事で家にいない時間は息子達に食事や家事を任せています。
単身で暮らしている夫を見ているので一人でも生活できる能力を
若いうちから自然に身に付けさせたいという思いがあります。

お父さんの悠一郎さんは海外中心の生活をしているので
成長した息子たちに自分の代わりに側でお母さんを支える存在になるよう伝えています。

そんな両親の姿を見て育っている春樹、祐樹。

彼らもまた周りに何か良い影響を与える存在になってくれるといいな…と思っています。


お話は大きくてアバウトな道筋に沿って創ってますが
その半分は自由で未知でチャレンジです。
来月の自分に今月よりちょいハードな課題をぶん投げて
それを受け取った次話担当の自分が頭を悩ます…といった感じで連載を続けています。

次話どうなるのか…今の私にはまだ分かりません笑 

続きを待ってくださる方の存在が原動力です!毎回感謝しております☆


★「ケーキ屋さんの彼女」閲覧はコチラ★
マンガハック(たて読み)
LINEマンガインディーズ(横読み)
ニコニコ静画(流れるコメント)


ブーツ&ワンショル
36話での春樹の服装。ワンショルダーが好きで作者も何個か持ってます*

折原ファミリーjpg
春樹、小学校高学年の頃

35話&3周年 - 2016.10.15 Sat

35話、兄弟の父が登場いたしました…!

「予想と違った」「以外だった」「そういうキャラだったのかw」
という反応が多かったようです笑

これは悠一郎さんがどうこう…というよりは
作者がこういうのを描くと思わなかったという解釈でほぼ当たってるのではないかと
思ってます(^^;)
そういうのに縁が無い、ぬるま湯ほのぼの系を行くのかと思われていたら
それは違いますよ~とだけ言っておきます…☆

兄弟の父さんのキャラは、るいやミホより先に決定してました。

「ダンディーエロ親父」です笑 

作者的にはそういう気持ちで描いてます。
彼の登場でまた新しい道ができるのでここまで隠しつつ登場するタイミングを探していました。

父のキャラに関するコメントを多くいただいておりましたが
注目してほしいのは折原家がとてもオープンな家庭であるということです。

祐樹は彼女と付き合っていることをすでに両親に話していたこと。
春樹はデート当日朝、年上の彼女ができたこと、映画に行くことを母に明かし、
それに対し母は年上の女性は春樹に合っていると喜び、映画ならハンカチを持っていくことを勧めていたこと。
そして今回、帰ってきた途端、子供達に彼女とのことを聞き何かを教えていた父。

両親とも子供達の恋愛を応援し見守る、というスタンスであるということです。
交際なんかまだ早い!そんなことより勉強しなさい!なんて言わない両親なので
子供達は交際してることを隠したりしません。
そういった親子の信頼関係もうまく描き表せたらと思ってます。

★「ケーキ屋さんの彼女」閲覧はコチラ★
マンガハック(たて読み)
LINEマンガインディーズ(横読み)
ニコニコ静画(流れるコメント)



ケーキ屋さんの彼女、10月で公開から3年が経ちました。
閲覧していただき、コメント等いただけることに感謝しています。

彼らのことを考えて3年も経ったのかぁと不思議な気持ちです。
この子達の全部を描くにはまだまだ時間がかかります。
マイペース更新になりますが引き続き見ていただけたら嬉しいです。
これからもケーキ屋さんの彼女、どうぞよろしくお願いします☆

3年記念統合

34話 - 2016.09.15 Thu

お家デートが終わり、誰かがやって来た…!で終わった34話でした。

ミヤちゃんの心配をよそに2人の関係は特に進展せず…でしたね
読者の方はどう思われたでしょうか 
「やっぱりね」って思ってもらえてたら嬉しいです。

どこかのコメント欄で
「男を部屋に入れるってことはそれなりの覚悟…」のミヤちゃんのセリフに対し
「ヘタレ彼氏にそこまでの度胸は無いだろうにwww」とあったのですが
まさにその通り…!
春樹という人物像がうまく伝わっていたのを感じられたうれしいコメントでした。
春樹が積極的な行動をとれない理由…それは過去話を見れば…。


お互いの気持ちが通じ合うことを頂点に、
それに向かい拗れたりドキドキしたりする恋愛の話が多いと思いますが
このお話は結構早い段階で両想いになり交際がはじまっています。

私が描きたいのは想いが実り交際が始まってからの2人。
付き合ってからもドキドキすることはたくさんあります。そして
交際が順調に進むにつれ、戸惑いや照れくさい気持ちというのは安心感や慣れに変わっていくもの。
「好きな人」が「恋人」に昇格した時の世界の色が変わるような幸福感、昂揚感は
その時にしか味わえない期間限定の特別なものと思っています。
その交際初期に焦点を当て、
初々しい2人の甘い空気感なども表現しつつ話を進められたらと思ってます。

次回は帰ってきた誰かが強烈に登場する予定です!ドキドキ★


★「ケーキ屋さんの彼女」閲覧はコチラ★
マンガハック(たて読み)
LINEマンガインディーズ(横読み)
ニコニコ静画(流れるコメント)


兄弟

33話 - 2016.08.16 Tue

本当はもっと長いページだったのを分けた33話でした。

なので次回34話もお家デートになります。
分けたことによって終わり方も少し変えましたが
これが良かったのかどうかは分からないです。

先を考えててもその時々で突然思いついたり
進行しつつも少しずつ変わってくるので
特に細かい所やアドリブはその時の自分次第なので
どうなるかは現時点の私でも分かりません。
そこも自由創作の面白い所でもありますが…*
軸がぶれなければ少しくらい変わっても支障はないと思ってます。

今回はトータルで見ても大きな回だったと思います。
そこから何がどうなるのか 引き続き見ていただけたら嬉しいです。


★「ケーキ屋さんの彼女」閲覧はコチラ★
マンガハック(たて読み)
LINEマンガインディーズ(横読み)
ニコニコ静画(流れるコメント)


31、32話をアルファポリス編集さまに評価をお願いしてみました。
ここまで描けるならプロデビューした新人と同じ視点で、
ということで特に作画に関して細かくアドバイスをいただきました。
自分で思い描いてる人物像と外見が伴わない部分もあったり
どうすればいいか考えることも多かったので
34話からはいただいたアドバイスを参考に
人物をもっと理想に近づけるように描いていきたいと思います。


「夏の夕方デート」
2016 8

32話と七夕イラスト - 2016.07.09 Sat

32話

自分で描いたネームを見ながら
本当にコレが描けるのかよ~ と思いながら
毎月ギリギリなんとか…やってます

今回は終わり方がアレだったので
ギャグの方が印象に残ったかもしれないですが
とっても大事なキーを置きました
32話でのことは覚えておいてほしい所であります

次回でお家デートは終わりです
そこでクリアしておかないといけないことが
たくさんあるので脳内整理しながらネームをぼちぼち…な状況です

★「ケーキ屋さんの彼女」閲覧はコチラ★
マンガハック(たて読み)
LINEマンガインディーズ(横読み)
ニコニコ静画(流れるコメント)


7月なので七夕のイラストを描きました

上を向いてる表情、下を向いてる表情は
結構難しいと自分は感じてるのでその練習も兼ねて…

だいぶ描き進んでから
あ~… と思ったのは
身長差!

この2人、もっと身長差ありますね;
春樹のあごラインがるいの頭くらいかなぁ…

まぁ 年に一度、七夕の奇跡ということで
天の川のチカラによって
るいが数センチ浮いたと思ってください わはは☆


…7月7日…
「会いたかった」 
「オレはその100倍会いたかった」
七夕2016

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ぴぺ

Author:ぴぺ


絵を描き始めて6年目。
自然や音楽好き。
写真撮るのも好き。

「ケーキ屋さんの彼女」掲載サイト

@マンガボックスインディーズ
@LINEマンガインディーズ
@ニコニコ静画
@pixiv
@マンガごっちゃ
@漫画ハック
@アルファポリス
@コミカワ
@マンガMonster(アプリ)

【mail】koromix3★gmail.com
(★は@に変換)
【twitter】@pipepon7

※無断転載などしないよう
 お願いします

最新記事

カテゴリ

ケーキ屋さん色々 (48)
お知らせ (2)
登場人物 (1)
投稿サイト (2)
LINEスタンプ (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム