topimage

2017-06

40話 - 2017.06.05 Mon

40話  るいの将来(の職業)が明らかになりました

作者はもちろんそれを知っているので
なるべく気づかれないようにヒントを置き、でも後から見返すと「ああコレが伏線だったんだ」って
読者の方に納得してもらるのが一番の理想だったのですがどうだったでしょうか

ケーキ屋を継ぐ、そういう背景があったるいにとって春樹はどういう人であったかというと
彼に惹かれる要素が多くあったのが分かるかと思います。

◎ケーキが好きなこと、食に対する技術や知識が豊富であったこと

春樹とるいが駅前のベンチで初めて一緒にケーキを食べた時の何気ない会話、
ケーキに使われてる材料の話で盛りあがっています。
それは春樹に食材の知識があったからこそであり、るいは驚き興味を持つワケです。

◎母親のバースデーケーキを買いに行ったこと

男性がやや入りにくいかわいらしいケーキ屋に母親へのプレゼントを買うため学校帰りの春樹が店に寄りました。
るいが後日言ってるように高校生の男の子が一人で買いに来たのはとても稀なことだったので印象に残りました。
さらに、なんらかの理由で大好きだった母が傍に居ないるいにとって
思春期真っ只中の高校生の男子が母や家族を思いやっている言動は彼女の心に深く沁みたのではと思ってます。

◎将来のビジョンを持っていたこと

春樹は得意なバスケで大学進学への道も用意されていましたが
どんな職に就いて将来やっていくかを考え専門への道を決めました。
すでに将来が決まっていたるいは、そんな春樹の意外としっかりしている面や将来のビジョンを持っていることも
自分と近いものを感じ、とても好感が持てた所だったと思います。

つらつらと色々書きましたが
大事なのは「内面」であるということです。

祐樹とミホもそうです。
このカップルは元々同じクラスで恋愛意識はお互いゼロでした。
でも見てしまったんです。知ってしまったんです。
同じクラスのあの子のステキな所を。

◎ほぼ毎朝、陸上部が始まる前にサッカーの練習をしていたこと、足には練習での傷がたくさんあったこと。
◎うさぎに噛まれた時、すぐに駆けつけてくれたこと。

春樹も祐樹も長身イケメン設定にしていますが
大事なのは「内面」ですよっ |∀・)☆


さて次回、るいの将来を知った春樹はどう思うのでしょうか??

を、これからじっくり考えていきます


★「ケーキ屋さんの彼女」閲覧はコチラ★
マンガハック(たて読み)
LINEマンガインディーズ(横読み)
ニコニコ静画(流れるコメント)




街デート*7月
289.jpg
スポンサーサイト

39話 - 2017.04.23 Sun

39話

楽しんで描いた回でした~*

兄弟の父、悠一郎さんが子供たちの彼女の写真を見てバストサイズを当てる…笑

実はこれがやりたかった為に31話で春樹にメロンの帽子をかぶせました
「春樹がるいの写真を撮る」という行為をどこかでやっておく必要があったので
お母さん手作りのメロン帽子を春樹にかぶせ、それをるいが気に入ってかぶってみる…
それがかわいくて思わず彼女の写真を撮った、という流れでるいの写真をGETしたのでした☆

前々から仕掛けを準備し数話後に炸裂させる…それが本当に大好きです

現在もいろいろな仕掛けを用意しています。
え?これ何か意味があるの?っと思うようなものは大体仕掛けだと思ってください*
ギャグの場面でもシリアスな場面でも

そして前回のるいの夢のシーンからの今回のスーツ姿
彼女を取り巻くものが次々と現れたと思います。

作者が読者の方に伝えたいものの一つに「働くこと」について
少しでも考えるキッカケになってもらえたらという思いがあります。
職業によっては資格が必要なものや実習や研修が必須なものもあります。
文系か理系かを決めることも将来に影響してくるかもしれません。
10代は部活や恋愛、趣味など熱中して取り組んだり楽しいことが溢れていると思いますが、
そういう職業選択の枝分かれも結構早い段階で始まっているということに気づいてほしいと思ってます
自分は何の仕事をしたいか、何に向いているのか、それを習得するにはどこで学べばいいのか。

そして今回のラスト、るいの「家業を継ぐ」。
何だと思いますか?
突然降ってきたことではなく、これまでの話にヒントはいくつか置いてきました。
明かされる日まで、それは一体何なのか考えていただけたら嬉しいです*


★「ケーキ屋さんの彼女」閲覧はコチラ★
マンガハック(たて読み)
LINEマンガインディーズ(横読み)
ニコニコ静画(流れるコメント)


両親

38話  - 2017.03.25 Sat

38話  兄と弟

この回を描いて祐樹のことがよく分かった気がしました。
彼は「放って置くことができない人間」であること。

春樹とるいがすれ違いそうになった時に動いたのも祐樹。
番外編、ミホの叫び声を聞いてウサギ小屋に向かったのも
父と母が離れて暮らしていることを気にし母にNYへ行くことを提案したのも祐樹でした。
そして今回はバスケの道を選ばなかった春樹に本当にそれでいいのか問いただしていました。

バスケとサッカー、種目は違うけどずっと兄の背中を見てきた祐樹。
優秀なプレイヤーであった兄に対する憧れや尊敬の念がありました。嫉妬もあったかもしれません。
だからこそショックだったのです。ずっと同じ道を行くと祐樹は思っていたのです。

兄の料理の道への強い意志を聞いて、もうなにも言わないと言った祐樹ですが
彼の本心は…。

祐樹の本当の想い、いつか1シーンで表したいと思ってます。
できたら40話くらいで

読者の方に「弟の兄への想い」が伝わりますように…


★「ケーキ屋さんの彼女」閲覧はコチラ★
マンガハック(たて読み)
LINEマンガインディーズ(横読み)
ニコニコ静画(流れるコメント)


2017 バレンタイン赤


ホワイトデー1

37話 - 2017.02.04 Sat

37話
お父さんが子供達に人生の先輩として大切なことを伝える回でした

とにかくセリフでとても悩みました
どういう言葉を使えばこの場面とこの場面が違和感なく繋げられるか

該当ページの原稿の切落とし部分に使われなかった候補のセリフが今も隙間なく置いてあります
こういうことを伝えたいけど本当にこの場面で必要か、別のもっと良い言葉で言い換えられないか等…
結果、言いたいことの半分以上を捨てました。
完成してしまうとサラ~っと流れていくようななんてことないシーンですが
言葉の取捨選択に非常に時間がかかりました。
総合的な国語力がとても必要だと実感…絵だけ練習すればいいというわけにはいかないですね漫画は


今回の話の内容ですが
春樹の進路について、お父さんとお母さんは驚くことも無くあっさりと受け入れていました。
実はお父さんとお母さんは春樹が料理の道に進みたいと言うことを予測していたのです。

30話で専門学校の案内を見ながら春樹が
「母さんは届いた資料を見て感付いてるだろうな…」と思ってるシーンがありますが
その通り、お母さんは「春樹は料理の道に進みたいのかな…」と気がついてます。

えりかさんは離れて暮らしている悠一郎さんとは会えない分、連絡は密に取り合ってるので進路の件もすぐに伝え、
春樹の好きなようにさせようという話も夫婦間でしていました。
なので春樹の進路については初耳だった祐樹だけが驚いていたということなのです。


そして、家族の食事シーンでお父さんが春樹の焼いたタルトを褒める箇所があります。
それは進路を言いにくそうにしている春樹が料理の道に進みたいと言い出せるように
空気を読んだお父さんが気を利かせて言った「誘導の言葉」なのです。

余裕のある大人とはそういうこともできちゃうのかなぁと


さて次回、お母さんはなんと答えるのでしょうか。
そろそろるいちゃんにも出てきてもらわないとですね…*

★「ケーキ屋さんの彼女」閲覧はコチラ★
マンガハック(たて読み)
LINEマンガインディーズ(横読み)
ニコニコ静画(流れるコメント)





お家でまったりクリスマス

2016クリスマス

36話 - 2016.12.10 Sat

36話 
家族でおでかけ回でした*


高校生の年頃の男の子が家族で一緒にお買い物する光景ってとてもいいなと思ってます。
家族が良好な関係を築けている証の一つでもあるかなと。
兄弟は家事も仕事もこなし、いつまでも仲の良い両親が大好きで憧れの存在です。

お母さんのえりかさんは仕事で家にいない時間は息子達に食事や家事を任せています。
単身で暮らしている夫を見ているので一人でも生活できる能力を
若いうちから自然に身に付けさせたいという思いがあります。

お父さんの悠一郎さんは海外中心の生活をしているので
成長した息子たちに自分の代わりに側でお母さんを支える存在になるよう伝えています。

そんな両親の姿を見て育っている春樹、祐樹。

彼らもまた周りに何か良い影響を与える存在になってくれるといいな…と思っています。


お話は大きくてアバウトな道筋に沿って創ってますが
その半分は自由で未知でチャレンジです。
来月の自分に今月よりちょいハードな課題をぶん投げて
それを受け取った次話担当の自分が頭を悩ます…といった感じで連載を続けています。

次話どうなるのか…今の私にはまだ分かりません笑 

続きを待ってくださる方の存在が原動力です!毎回感謝しております☆


★「ケーキ屋さんの彼女」閲覧はコチラ★
マンガハック(たて読み)
LINEマンガインディーズ(横読み)
ニコニコ静画(流れるコメント)


ブーツ&ワンショル
36話での春樹の服装。ワンショルダーが好きで作者も何個か持ってます*

折原ファミリーjpg
春樹、小学校高学年の頃

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ぴぺ

Author:ぴぺ


絵を描き始めて6年目。
自然や音楽好き。
写真撮るのも好き。

「ケーキ屋さんの彼女」掲載サイト

@マンガボックスインディーズ
@LINEマンガインディーズ
@ニコニコ静画
@pixiv
@マンガごっちゃ
@漫画ハック
@アルファポリス
@コミカワ
@マンガMonster(アプリ)

【mail】koromix3★gmail.com
(★は@に変換)
【twitter】@pipepon7

※無断転載などしないよう
 お願いします

最新記事

カテゴリ

ケーキ屋さん色々 (47)
お知らせ (2)
登場人物 (1)
投稿サイト (2)
LINEスタンプ (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム